76歳のみどり母   

ここまで命を頂いています。
この年だから見える貴女様の素敵な気持ち

 有り難うございます。感謝一杯です・  

  きっと神様が素敵な貴女様との出会いを作ってくださったんですよね。

平成14年2月20日開設
開設当時掲示板にカキコしてくださった10人の方達
カウンターゲットしてくださった方達





プロフィール

作品1/27

小物5/8

十二支の干支

画像掲示板 

投稿パスワード
  kannsya必要

ブログ

人間って、なーに?

お友達のリンク
                 

長崎自慢

これは便利11/22




春には鮮やかに咲き誇る桜に感銘を受けます。
しかし、その後の葉桜になると、もう桜の木は人々から見向きもされない。

その木が桜の木で有る事すら忘れられる。

でも、葉の一枚一枚は、夏の猛暑や台風の風雨にも耐え、陽の光を養分にして、ひたすら樹木に送り込む。
やがて、秋になり、その役目を終えて北風に散る行くとき、枯れ葉は、周囲の人から疎ましく思われる。

決して、目立ちはしないけれど、その営みが、樹木を支え、又、春には私達の目を楽しませてくれる。

枯れ落ちた葉に、心からご苦労さん」と言いたいです。


                 平成29年2月8日 更新